自転車で桃源郷へ 2012年4月2日撮影
今年は古河総合公園の桃の花の開花は遅れ気味とはいえ、さすがもう4月いくらなんでも見頃を迎えているだろうと自転車でお出かけ。
今日のお供は、E-PL1sです。
やはり、E-PL1sシステムはレンズを含めて、小型軽量で良いやとおでかけ。
今日も、まだ風が冷たく、やや強い。
少し、大回りしながら裏道を通って古河総合公園へ。
20Km弱。
桃源郷とおもったのですが、まだ桃の花はやっと開花し始めたところ。
平年なら、すでに見頃をとうに過ぎている頃なんですが。

じゃー、水仙のワイドマクロを撮ろうと、カメラバッグを開けてびっくり。
にゃんと、7-14mmを持ってくるのを忘れてしまった。
これでは、本当に軽いはずですね。
ということで、12-42mmで撮影。
やはり、ワイド感がいまいちですね。

ノクトン 25mm F0.95です

オオイヌノフグリ ホトケノザ ツクシも撮影

こちらは14-42mm

タンポポの綿毛も
やはりワイド感不足

場所によっては桃の花が結構咲いているところも

ホトケノザの絨毯
 

桃むすめ

古河の地酒を試飲させてくれるというのでお試し。
桃ワインは甘すぎ。
大吟醸は美味しかったが高すぎ。
荷物にもなるし、結局買わず。
午後から、暖かくなってきたし、試飲で眠たくなったので、1時間ほど昼寝。

このまま、帰ろうとおもったのですが、なんとなく大回りしてふらふらしながら家路に。
三毳山は先日行ったばかりだしと思いつつ、渡良瀬川沿いのサイクリングロードへ。
途中、谷田川沿いに良さそうな道があるのでそこを走る。
板倉町の水郷公園の手前で、いきなり舗装が途切れる。
仕方なく押して歩く。
ロードレーサーはこういうとき困りますね。
無理して走るとパンクすることも。
でも、200mほどでまた舗装路に。
板倉町の水郷公園を過ぎて、また舗装が途切れるので、川沿いは諦めて脇道へ。
東北自動車道の利根川を渡る橋のところで、利根川到着。
今度は、利根川沿いのサイクリングロードを走る。
ここからは、向かい風で結構きつい。
風も冷たくなって、手がかじかんでくる。
やっと、埼玉大橋到着。
この橋は歩道が狭く、段差もあるので、自転車では危険。
車道をはしると、いつも大型トラックに煽られてこれまた危険。
で、渡りたくないとそのまま走っていくと、渡良瀬川の合流地点に阻まれる。
元来た方向へ戻るか、渡良瀬川沿いに走って、渡良瀬川を橋で渡って、4号線の橋を渡るしかない。
ということで、同じ道を戻るのは癪なので、大回りをしつつ、埼玉大橋へ。
やはり、大型にあおられてしまった。
横風を受けて橋ののぼりをフラフラしながら走っていくと、脇スレスレを大型トラックが猛スピードですり抜けていく。
大型車が脇を猛スピードですり抜けられると、車の方へ吸い寄せられるので本当に危険。
車がすり抜けた後は乱流でまたハンドルが持って行かれる。
何とか橋を渡り終わって家路に。
手はかじかんで、感覚がなくなってくる。
ギアチェンジ,ブレーキングにも不自由。
時折、休んで手を温めてはまた走る。
つま先も冷えてしびれてくる。

でも、何とか6時前には帰着。
走行距離は、76.21km。
累積走行距離は、6,407.1Km。
走行時間は、4時間21分36秒でした。
向かい風や舗装が途切れて、歩いたりで平均時速は遅めの、17.6Kmでした。
ご苦労さんでやんした。

メニュー

HP TOP