サイクリング 元荒川源流を訪ねて 2011年8月14日
今日も朝から暑かった
です。たまには清流を見に行くの良いかなと、元荒川の源流に自転車で出かけてみることに。
Navitime で調べると、片道30Kmほど。
でも、できるだけ元荒川沿いに走ってみようということで調べるが、川沿いのにはサイクリングロードのようなものはない感じで、橋のところで大回りされれたりで、面倒。
ま、行き当たりばったり行くことに。
最終目的地の、元荒川源流は今はここだけにしか生息していないムサシトミヨ保護センターがあるということで、いけばわかるぞと、地図は印刷せずに出発。
これが、大失敗。
昨日、ゲージ付ポンプを買ってきたので、空気圧をチェック空気を入れる。
私のタイヤの適正空気圧は6〜8Barであるが、調子に乗って9Barまで入れてしまった。
まいいやと、これでお出かけ。
ペダリングは軽いが、ちょっとした段差でも振動がすごい。
ま、このまま今日は走ってみる。

10Kmほど走った蓮田市内で元荒川にぶつかる。
元荒川の表示板が白飛びしてしまってすみません。


うーん、表示がDist2になっている。
昨日の走行距離10kmがたされたっまになっています。

このあたりの元荒川はどぶ川状態で、においもきつい。

川沿いを走ろうとするが川沿いの道は舗装がされていない。
仕方なく、122号バイパスをしばらく走ってやっと川沿いの道にでるが、途中で舗装が切れたりして戻る。
やっと川沿いの道に出るが、橋のところで大回りさせれて、川を見失う。
もう、川沿いは諦めて行き当たりばったり行くことに。

途中、旧菖蒲町の鎮守の森公園で小休止。
この公園は水が流れていれば感じよさそうなところではあるが、水が止まっていて青海泥いっぱいのどぶ川状態。
人影もゼロ。

先ほど、Distは誤ってリセットしてしまったようで、今度は10Km足さないと正しい走行距離になりません。
 
この公園の向かい側に、由緒正しそうな神社があるので、ここを探訪。
説明書きにあるように参道は鬱蒼たる木々に覆われていて気持ち良い。
でも、露出をもっとアンダーにしないと雰囲気が出ないですね。
境内到着。
でも、人影は全くなし。

大きな切り株からまた新たに芽吹いています。

で、とりあえず鴻巣方面を目指す。
おなかも空いたし、竹林公園で昼休憩。
走行距離は表示に10Km足してください。
最短距離で、向かっていればすでに目的地に着いて「いても良い距離ではあるがまだ、道半ば。

昼寝もして、1時間ほど休んだ後、熊谷方面を目指して出発。
新幹線ガードにぶつかるので、ガード沿いを北へ熊谷方面へ。
行田市の手前で川にぶつかるので、元荒川かと思ったが忍川。
熊谷市に入り、17号線沿いを走ると、スーパーベルクがあるのでそこで小休止。
スーパーベルクはサイクリングの休憩所場所にお気に入り。
コンビニよりなんでも安く買えるし、ここでトップバリューブランドソフトクリームを買って食べるのが定番。
78円也。
同等品がコンビニでは126円。
他のスーパーでも98円。
またベルクは店内に休憩所があり買ったお弁当等そこで食べられるし、お茶や水の無料サーバーが置いてあるのも良い。
携帯で、目的地の場所を確認するが、GPSがうまく捕獲できないようで現在地の確認できない。
とりあえず、元荒川源流の所在地 熊谷 佐谷田ということを確認。
17号の佐谷田の交差点を北に向かって左に曲がってすぐという記憶があり、曲がるがそれらしき場所も川もない。
熊谷駅から徒歩20分との記憶もあり、一度熊谷駅まで行き、再度探すが見つからない。
携帯で現在地をチェック。
今度はGPSは捕獲でき、現在地はわかった。
しかし、そこから目的地を探そうとするとここから有償サービスとのこと。
近くにマツダのディラーがあったのでそこで、荒川源流がこの近くにあるはずと聞くと、知らないとのこと。
で、ムサシトミヨ保護センターはと聞くと、ムサシトミヨならもっと熊谷駅の先ということで、今度は熊谷駅の先まで行ってみる。
星川沿いを進むと、こんもりした森があって、どうも星川の源流がそこにあるような感じ。
星川は熊谷の町中を流れていますが、源流が近いので水はきれいです。
星渓園という庭園があり、無料公開されているので散策。
ここも良さそうなところではあるが人影はまばら。
池があってそこに湧水が湧いて星川の源流になっているようであるがなぜか、池にはこんこんと水が湧いている雰囲気はなく、水は淀んだ感じ。
星川は清流で水流も結構あるのに。
注:走行距離は表示に10Km足してください。

再度、佐谷田方面に戻り源流を探す、新幹線の高架の近くという記憶であったが、JR高崎線の向こうにまで行ってみる。
すると、元荒川通りの表示。
道沿いには小川が流れていて、清流が流れている。
水草もきれい。
ムサシトミヨ生息地の標識も。
近くには湧水を利用した養鱒場も。
クレソンも繁茂していて、ムサシトミヨ保護のため水草の採りすぎに注意しましょうとの表示も。
水草の採取は禁止ではないようだ。

水源地まであと少しと、出発しようとしたら前輪パンク。
前輪は朝方修理したチューブを使っていたのだが、空気を圧を高くしすぎたたためかパッチがはがれかってしまったようだ。
で、チューブ交換。
これも朝方パッチ張りしたチューブ。
空気を入れて、OKと思ったが、念のためもう少し空気を入れようとしてバルブの留め金をおってしまい、チューブはパー。
で、新品チューブに交換。
これで、チューブの予備はもうなし。

とりあえず保護センターまで行く。
源流は保護センター内にあり、揚水施設に覆われていて確認できませんでした。
注:走行距離は表示に10Km足してください。

17号沿いを走って上尾の自転車で予備チューブを買っていこうと、大回りで帰ることに。
でも、向かい風がきつい。
セーブオンがあったのでそこで小休止。
コンビニではセーブオンの48円アイスもお気に入りです。

鴻巣の街を過ぎたあたりで、スポーツ系自転車も扱っているお店を見つけそこで、スペアチューブ調達。

ということで、上尾まで行くのはやめ、家路に。
向かいかぜでなくなったので、急に元気が出て、結構本気で走って家に到着。
結局、スペアチューブは出番がなくよかったです。
結局、今日の走行距離は100Km越え。
注:走行距離は表示に10Km足してください。
累積走行距離は3200.2Kmでした。
暑いし、道を間違えたり大回りはしてしまったし、パンクはするわで大変でした。
でも、元荒川の清流に出会えたのはよかったです。

メニュー

HP TOP