金環日食 2012年5月21日撮影
朝、空を見上げるとどす曇り。
こりゃ、日食は見えないなと思っていると、日の出直前あたりから、頭上が晴れてくる。
そして、6時前にはお日様が顔を出してくれた。
日食が始まるころには、太陽のあたりから頭上にかけては雲は皆無。
これは絶好の条件だと思っていると、金環日食が始める直前あたりから、大きな組がやってきて、太陽に掛かってします。
しかし、隙間も多く、雲も薄かったので何とか撮影できました。
やはり、金環日食時は少し暗く、気温も下がった気も。
不思議なことに金環日食が終わるころには、晴天に近い状態に。

金環日食時、木漏れ日を撮りたかったのですが、木陰が近くなく、自分の手の影を撮影。
影のエッジがぼやけていて、不思議な感じがします。
 
次は、6月6日の金星 太陽面通過が楽しみです。

金環日食も感動的でしたが、やはり一度は皆既日食を見てみたいものです。
メニュー

HP TOP