春色の妖精 2012年3月27日撮影

今日は風が収まって暖かくなるということで、春色の妖精に会いに自転車で出かけることに。
でも、北風が強く、風が冷たい。
しかし、意を決してお出かけ。
古河総合公園 桃林祭でチャリティカットサービスでヘアーカット500円というイベントがあるということで、昨日に続き立ち寄る。
早めの昼休みということで少し待たされるかなと思いましたが、早めの昼食を食べて待っていると、それほど待たされないで、カット終了。
まだまだ風が強いので、少し休憩がてら、花マクロをと思ったたらついついはまってしまう。

少し、出遅れましたが、三毳山に向かうことに。
風まだまだ強い。
渡良瀬遊水池を過ぎたあたりから、少し風が弱くなったと思ったら、いきなり風向きが変わって、また強い風。
今度は追い風で、少し汗ばむほどの陽気に。
帰りは向かい風で大変だぞと思いつつ、三毳山到着。
ここまでの走行距離は41Km弱。
もう3時近くになっていて、カタクリの咲いているところは日が陰り始めていました。
カタクリはまだチラホラ咲との情報でしたが、斜面の下側は結構咲いていました。
日も陰ってきて、向かい風で帰りは大変と、早々に引き上げる。
帰り際、ダイエット中にもかかわらず、つついつい佐野名物というポテトフライを一串買ってしまう。
腹も減っていたし、うまい。
元気も出てきたところで、早速家路に。
帰りは館林経由で帰ろうと思いましたが、途中で気が変わって、渡良瀬経由で帰ることに。
少し大回りしてしまいましたが、風も弱くなり、順調にペダリング。

そろそろ、タイヤがへたり始めてきていて交換時期だとは思いつつ、そのままに。
なんとなく、タイヤが心配と思っていたら、渡良瀬川沿いに出て少し走ったところで、後輪がパンク。
チューブを交換しようと思いましたが、ちょうど瞬間パンク修理剤も持っていたのでそれをつかうことに。
瞬間パンク修理剤を使うが、パンクの穴が大きいようでなかなか穴がふさがらない。
でも何とか穴は塞がったようで、また走り出す。
しかし、また空気が抜けてくる。
ま、空気を入れつつ何とか家までたどり着けないかと、空気を入れて走る。
渡良瀬川を渡ったところで、いきなり盛大に空気が漏れてくる。
仕方なくチューブ交換。
そしたら、タイヤがはまらない。
どうも漏れ出た瞬間パンク修理剤で、タイヤがぐにゃぐやになってしまってはまらないようだ。
ちょうど、藤岡の街に入ったところだったので、自転車を担いで、自転車屋を探すとすぐ近くに。
ラッキーと思ったのですが、声をかけても、誰も出てこない。
もう、最悪30Kmを自転車を担いで、歩いて帰るか、駅まで歩いて20分くらいのようなので、自転車を駅において電車で帰るしかないと思っていたら、おばさんがひょっこり自転車屋から出てきた。
おじさんを携帯で呼んでくれるが、なかなか帰ってこない。
そうこうしているうちに、やっとおじさんが。
おじさんは、さすがプロ。
へなへなタイヤを何とかはめ込んでくれました。
ということで、ラッキー チャンチャンのはずでしたが、走って行くうちにまた空気が減ってくる。
タイヤがへたっているので、またパンクしてしまったようだ。
でも、穴は小さいようで、空気を入れれば15分ほどは、持ってくれる。
でも、このまま走ると穴が大きくなり、バーストしてしまう。
まだ、瞬間パンク修理剤が少しは残っているかなと注入。
やっと、穴は塞がったようで、これで何とか家にたどりつけました。
こういう状況では、タイヤ全てが交換できるチュブラーの方がメンテは楽ですね。
というか、やはり怪しいと思ったら、早めにタイヤを交換すべきですね。
でも、3000Kmで1万円は高いよー。

ということで、7時半過ぎに帰着。
今日の走行距離は85Kmでした。


やっと、本題の花写真です。

まずは古河総合公園で撮った、オオイヌノフグリ他から。
桃のつぼみは膨らんではきましたが、まださいていません。
 

佐野市 万葉カタクリ園で 撮影した 春色の妖精たちです。
メニュー

HP TOP