EFマウント用シグマ2倍テレコンテストレポート

2010/07/13
狸のデジタル写真館

●Introduction
1.4倍テレコン対決のついでに、Sigma 2倍テレコンもテストしてみた。
Canon製の2倍テレコンを持っていたのですが、壊してしまい、修理費見積もりが、2万9千円とのことで、修理をせず、Sigmaを買ってみた。
Sigmaだと修理費より断然安く買えた。
今回も、7DとEF4000mm F2.8L IS USMに2倍テレコンを装着し、絞りを変えて撮影した。


1眼レフ用のテレコンバーターはカメラとレンズの間に、はさんで使う。
今回の2倍用であれば、焦点距離を装着レンズの2倍に伸ばすことが可能。
但し、レンズのf値は2倍仕様のものは、2倍になってしまう。
従い、解放f値が2.8を含めそれより明るいレンズであればAFは可能であるが、かいほうf値がF2.8よりくらいレンズはでは殆どのカメラではAFが動作しない。
例外は、1Dシリーズで、解放F値が4のレンズであれば中央1点のみで、AFも可能である。
また、最短撮影距離は元レンズと変わらないし、レンズの距離目盛りもそのまま使える仕様になっている。
例えば、200 F2.8 最短撮影距離 1.5mのレンズであれば、1.4倍のテレコンを使うことにより、400mm F5.6 最短撮影距離1.5mのレンズとして使用が可能で1.4倍テレコンと合わせると、一粒で3度美味しいと言うわけだ。
但し,AF速度はCanonのHP情報によると、2倍エクテンダー使用時は約1/4になってしまう。
おまけに、先に書いたように、f値が2段暗くなってしまうので、暗い状況ではシャッター速度も稼げないし、焦点距離が伸びた分手ぶれや、被写体ブレも目立ちやすいということで、良いことづくめではない。
しかし、デジカメ側の進歩もあって、ISO1600辺りは常用域になって来ているので、以前よりは活躍の場も拡がってきたかも。
一般的に、2倍テレコンは画質低下がひどく、1.4倍は緊急避難的に使っても、2倍テレコンを使わなければ撮れないという場面では、もう撮らないという人も結構多いのも事実だ。
超望遠系は、ヨンニッパしか持っていない、私にとっては、2倍テレコンも重要な戦力になっている。

2倍テレコンは後玉がかなり引っ込んでいて、Canon製もSigma製も1.4倍テレコンのとの2段重ね、2倍テレコンの同士の2段重ねも可能。
Sigma製,Canon製の混在2段重ねも可能である。
今回は、Sigma製どおしの2段重ねでも撮影してみた。
この場合、撮影倍率は2.8倍、f値はも2.8倍になります。
たとえば、200mm F2.8のレンズに装着すると、560mm F7.84のレンズとして使用できます。

余談ですが、Kenko製3倍テレコンも持っていますが、7Dとヨンニッパ,ニッパチズームとの組み合わせでは、何故かレンズとの通信エラーが起きてしまい、使用不可なので今回はテストしませんでした。
Kiss DXとヨンニッパ,ヨンニッパとの組み合わせではAFは動作しないものの、問題なく撮影できる。
また、7D,Sigma120-300mm F2.8 EX との組み合わせではエラーは出ないものの、露出が1段ほどオーバーになってしまいます。
但し、ビデオ撮影時は適正露出が得られるというのも不思議です。
1D,1Dsシリーズ(1D MKIVは未テスト)でこの組み合わせではAFも動作して、露出も問題なかったです。



●総括
EF400mm F2.8L IS USMは評判の良い、Cnaonの望遠,超望遠レンズのなかでも、300mm F2.8L ISと1,2を争うという巷の噂通り、絞り開放からシャープだ。
特に、1段絞ってf4からは文句無しの画質だと思う。
元レンズが良いのもあるであろうが、2倍テレコンでも絞り開放(合成f値 5.6,マスターレンズf値2.8)ではやや甘いかなという気もするが、1段絞った合成F値8では十分実用的な解像度であると思う。
もちろん、EF800mm F5.6L ISはEF400mm F2.8L IS USMに2倍テレコンを組み合わせたものより特に絞り解放では、解像度は高いとは思いますが、EF800mm F5.6L ISは実売150万円近いので、EF400mm F2.8L IS USMに2倍テレコンで我慢です。
ただし、EF800mm F5.6L IS USMは最短撮影距離が6mなのに対し、EF400mm F2.8L IS USMに2倍テレコンの組み合わせは、最短撮影距離が3.5mなのでここは大きメリットだ。
ミノルタ製で600mm F4Gを持っていますが、こちらも最短撮影距離が6m。
引くに引けない場所で、被写体が近すぎて焦点が合わず、泣くに泣けない場面が何度かありました。
また、重量的にEF800mm F5.6L ISの方が、EF400mm F2.8L IS USMに2倍テレコンの組み合わせより800g近く軽いのですが、EF400mm F2.8L IS USMに2倍テレコンの組み合わせは鏡筒が短しい、前後の重量バランスが良いので、手持ち撮影しやすいというメリットもあります。


AF速度は定量的には測定できませんでしたが、感覚的には大きくピントが外れたところから、合わせに行くときは、テレコン無しあるいは1.4倍テレコン使用時に比べかなり遅くはなるが、使い方でカバーできるできるレベルだと思います。

今回比較撮影はできませんでしたが、Canon製2倍テレコンとEF400mm F2.8L IS USMと組み合わせは、背景のボケが酷い二線ボケになるという問題がありましたが、Sigmaの2倍テレコンでは今のところこの現象はほとんど気になっていません。

テレコン1.4倍,2倍2重ねは7Dとの組み合わせでは、位相差AFが効かないものの画質的には、緊急避難的使用目的には十分実用的だと思う。



●外観,スペック等

斜め横
Canon製がかなりマウント面から前玉が飛び出している。
次いで、Sigma。





前面(レンズ装着側)
前玉の大きさは、やはりCanonが大きい。



背面(カメラ装着側)
後玉の大きさはやはり、Canonが大きい。




スペック
メーカー Canon Sigma KENKO
型式 EXTENDER EF1.4×II APO TELE CONVERTER 2x EX DG デジタルテレプラス PRO300 2X DGX
倍率 1.4倍 2倍 1.4倍
レンズ構成 5群7枚 5群6枚 4群7枚
外形 φ71.8mm×57.9mm φ68.5×52mm φ68.3mm×51mm
重量 265g 235g 184g
使用可能レンズ
(メーカー保証)
メーカー提供対応表を参照してください。
公式にはSigmaレンズ以外での使用を保証していないようです。
50mm以上の焦点距離のキヤノンEFレンズとEOS用トキナーレンズEF-Sレンズには、取付自体が不可能
こちらは、Canon製レンズでの使用を保証しています。
防塵防滴 対応
但し、カメラ本体と装着レンズが防塵防滴に対応していること。
非対応 非対応
大手量販店実売価格
(10/07/031時点)
43,600円
10%ポイント還元
26,800円
10%ポイント還元
24,7999円
10%ポイント還元


対応レンズが一番広くて汎用性が高いのは、Kenko 製。
Canon,Sigmaは自社製でかつ対応表にあるレンズでしか保証していない。
しかしながら、試した結果では、Canon製はSigma120-300mm F2.8 EX(私が使っているのは、DGになる前の旧タイプ)のと組み合わせても、f値,焦点距離も自動換算されるし、AFも問題なく動作した。
Sigma製は,EF400mm F2.8L IS USM,EF70-200mm F2.8L IS USMではF値,焦点距離も自動換算されるし、AFも問題なく動作する。
安易なことは書けないが、Sigma製の方が、目玉の径が細く、飛び出しが少ないので、Canon製が装着可能なレンズには全て装着可能なはずである。動作についてはもっと安易なことは言えないが、多分問題ないと推測はしている。
逆に、Canon製はSigma製に比べ前玉径が太く、飛び出しが大きいので、Sigma製が装着可能なSigma製レンズであっても装着不可能なレンズがあるかも知れない。

重さは、Canon,Sigma,Kenko製の順であるが、取り付ける望遠レンズが重たいのもあって、重さの差は誤差の範囲。

色は、Canon純正が白系、Sigma,Kenkoは黒。
Canonの白レンズにはやはり、テレコンも同色のCanon純正が似合います。

実売価格は、Canon,Sigma,Kenkoの順。
特に、CanonとSigmaの価格差は大きい。

Canon製がとりわけ優位なのは、防塵防滴対応であること。
もちろん、ボデー,装着レンズとも防塵防滴に対応していないと意味がないが、防塵防滴が絶対条件であれ、選択肢は、Canon製しかない。


●実写
・2倍テレコン
Canon製 超望遠レンズ EF 400mm F2.8L IS USMにSigma2倍テレコン装着し、絞りを変えながら比較撮影した。
カメラは全て、EOS 7Dを持ちいた。
保存は全てJPG スタンダード、ISOは200、画質モードはスタンダード、WBは太陽光に固定して撮影した。

結果としては、EF 400mm F2.8L IS USMは絞り開放からシャープで、1段絞ったf4では文句なくシャープだ。
元レンズが良いのもあるであろうが、どのテレコンでも絞り開放(合成f値 5.6,マスターレンズf値2.8)ではやや甘いかなという気もするが、1段絞った合成F値8以上では十分実用的な解像度であると思う。

AFはテレコン無に比べてて明らかに、遅くなります。
特に、大きくフォーカスを外した時のリカバリーは遅いです。
特に、AF範囲が3.5mから無限遠のフルになっていると、フォーカスが大きく外れた状態からAFを合わせに行くときは本当にじわっと合わせに行くようで、遅いです。
400mm F2.8L IS  USMにはAFの最短撮影距離を10mからに制限する機能が搭載されているので、この機能を使うとこの現象は回避できる。
また、USM搭載でフルタイムMFが可能なので、MFアシストをするという手もある。
AF速度とこの現象は、Canon製2倍テレコンを使った時も同じ状況だ。
Canon純正2倍テレコンでしか使ったことはないですが、1D,1Dsシリーズ(1D MKIVでは試していません)のボデーを使っても状況は変わらない。
Canonで借りて試しただけですが、EF600mm F4L IS USMに1.4倍テレコンを使った時とEF400mm F2.8L IS USMに2倍テレコンを使った時とAF速度はほぼ同じ感じで遅いし、フォーカスリミッターを掛けていないと、大きくフォーカスが外れているところからフォーカスを合わせに行くときは同じような状況が起こる。
こちらも、Canonで試させてもらっただけですが、EF800mm F5.6L IS USMはAFが早いという感じではないですが、EF400mm F2.8L IS USMに2倍テレコン,EF600mm F4L IS USMに1.4倍テレコンを使った時よりは、早く特にフォーカスを大きく外してしまっ時のリカバリーは早かったです。
また、フォーカスリミッターを掛けていなくても、全域でAFはスムーズです。


・2倍テレコン+1.4倍テレコン
先に書いたように、1.4倍テレコンと2倍テレコンの2段重ねも可能なので、合わせて試写してみた。
三脚は使ってますが、1120mm 35mmフルサイズ換算 1904mm 1/49秒ではぶれてしまったようです。
AFは7DとEF 400mm F2.8L IS USMの組み合わせでは、かなり条件がそろわないと(被写体が明るく、高コントラスト)AFはまともに動作しないが、ライブビューモードのコントラスト方式ではAFは問題なく動作します。
Kiss DXでは全くAFが動作しません。
1D,1Dsシリーズ(1D MKIVのみ未テスト)ではAFも遅いながら、ちゃんと動作します。
1D,1Dsシリーズでは中央1点のみ開放F値8までのレンズに対応しています。
例えば、600mm F4のレンズに2倍テレコンを装着すると、自動的にカメラが認識して、AFポイントは中央1点のみしか選択できなくなります。
F値2.8のレンズに2倍テレコン+1.4倍テレコンではカメラ側はF値は5.6と認識しているためAFポイントは全点セレクト可能です。
中央1点以外のフォーカスポイントはF5.6までにしか対応していないはずなのに、全点でAFが動作します。
ただし、精度保証外なので、中央1点以外は使わない方が良いと思います。
AEは問題なく動作します。


実際の撮影画像は下表を参照してください。
参考のため、テレコンなし、1.4倍テレコン装着時の画像もアップしてあります。
サムネイル画像をマウスでクリックするとオリジナルサイズの画像が開きます。
テレコンバーターをつけたものの焦点距離表示はは合成焦点距離で、絞り値は合成f値,括弧内はマスターレンズの絞り値です。
2倍テレコンと1.4倍テレコンの2段重ねは絞値表示、EXIFデーターへの合成絞値,合成焦点距離は正し書き込まれず、2倍テレコンのみを使った時の合成表示,書き込みになるので要注意です。
三脚は使っていますが、テレコン 2段重ねf22(マスターレンズの絞値F8)では35mmフルサイズ換算約1800mmにもなり、シャッター速度1/49秒ということで、ぶれてしまっています。



テレコン無し
EF400mm F2.8L IS USM
Canon EXTENDER EF1.4×II Sigma APO TELE CONVERTER 2x EX DG Sigma APO TELE CONVERTER 2x EX DG +Sigma1.4×
400mm_28_thumb.png
400mm f2.8
400mm_EF14_560mm_40_thumb.png
400mm+EF1.4 560mm f4(2.8)
400mm_Sig20_800mm_56_thumb.png
400mm+Sig2 560mm f5.6(2.8)
400mm_Sig20+14_1120mm_80_thumb.png
400mm+Sig2+1.4 f8.0(2.8)
400mm_40_thumb.png
400mm f4.0
400mm_EF14_560mm_56_thumb.png
400mm+EF1.4 560mm f5.6(4.0)
400mm_Sig20_800mm_80_thumb.png
400mm+Sig2 800mm f8.0(4.0)
400mm_Sig20+14_1120mm_110_thumb.png
400mm+Sig2+1.4 f11(4.0)
400mm_56_thumb.png
400mm f5.6
400mm_EF14_560mm_80_thumb.png
400mm+EF1.4 560mm f8(5.6)
400mm_Sig20_800mm_110_thumb.png
400mm+Sig2 800mm f11(5.6)
400mm_Sig20+14_1120mm_160_thumb.png
400mm+Sig2+1.4 f16(5.6)
400mm_80_thumb.png
400mm f8.0
400mm_EF14_560mm_110_thumb.png
400mm+EF1.4 560mm f11(8.0)
400mm_Sig20_800mm_160_thumb.png
400mm+Sig2 800mm f16.0(8.0)
400mm_Sig20+14_1120mm_240_thumb.png
400mm+Sig2+1.4 f22(8.0)

機材試写テストメニュー