α77 ファーストインプレッション 試写
2011年10月14日 発売日に α77 レンズ(16−50mm F2.8 SSM)キットをゲット。
まだ、ほとんど使い込んでいませんが、ファーストインプレッションと試写画像をアップします。

α77の詳細スペックについてはSonyのHPをご覧ください。

大きさ,重さについてはα55を使い慣れた手には大きく重く感じるが、慣れればこれくらいの大きさ重さがあったてょうが良いかも。
小型,軽量を追及するのであれミラーレス機の方が良いかも。
参考のため、α900,EOS 7Dとの比較画像をあっぷしておきます。
α77はちょっとずんぐりむっくりしていて、スタイル的にはα900方が好みかも。
縦位置グリップをつけると、やはり、大きくて重たいですね。
 
操作性については、αシリーズのデジ1 特にα900,700のユーザーであれば全く問題なく使えると思う。
ただ、露出補正,F値設定時のレスポンスが悪くついついダイヤルを回しすぎて思うように設定できなくイライラすることも。
この点はネットでファームアップがあるとのうわさがあり、期待して待ちたい。
ファームアップ Ve,1.04を入れてみましたが、改善はされましたが、まだイラつき感があります。

これは、ミノルタの銀塩カメラαシリーズからの伝統ですが、縦位置グリップをつけていると、知らないうちに露出ダイヤルが回ってしまい、とっさに撮影しようとすると露出が大幅に狂っていることが、α700にも悪い伝統が引き継がれていた。
α,900では頻度は低くはなりましたが、この伝統は引き継がれてしまっていた。
α77でもα900から改善されていない。
α77はEVFなのでファインダーを覗けば、勝手に露出補正が掛かってしまっていることにすぐに気づくからまだ良いのですが、改善してもらいたい。

α55でもそうでしたが、いつでも、動画をボタンをおすことで、動画が撮影できるのは便利であるが、思わぬ時に押してしまい、動画から静止画に戻すときには、録画ボタンを再度押して、ファイル書き込みが終わるのを待たないと撮影できない。
ファイル書き込み時間も無視できない時間が掛かるので、シャッターチャンス逃してしまうことが、ままある。
仕事での撮影等で今日は静止画しか絶対に撮影しないという状況もあるので、動画ボタン機能を殺せるモードも欲しいとところである。
EOS 7Dはビデオモードに切り替えないとビデオ撮影ができないが、ビデオ撮影中でも、シャッターボタンを押せば、動画はその際はコマ落ちするが、静止画が記録でき、動画も継続撮影できる。
まだまだ、静止画が優先のデジ1ではこの機能もあった方が良いかも。

α77の一番売りであるEVFですが、やはりα55からは大幅に改善されていて、被写体が動かいないものにはもちろん運動会等被写体の動きがある程度予測できるものに関しては十分使えると思う。
サッカー等動きが激しく,動きの予測が難しい被写体に関しては、まだまだ光学ファインダーに分があると思うが、慣れればかなり使えそうな感じではある。
α55では連射すると像がパラパラ飛ぶことがあったが、この点もα77はだいぶ改善されているようだ。
EVFの一番のメリットは逆光時の露出補正や色温度補正がファインダーでリアルタイムに確認しながら撮影できることであると思うが、α55では補正が結果が必ずしも忠実に反映されていない場合もあったが、α77ではこの問題も解決されているようである。

ファーインダー情報にストロボの調光,チャージ情報が相変わらず表示されずこれは改善してほしい。
ISO Auto 時 カメラが設定しているISO感度が表示できるようになったのは、αデジ1としては画期的。(EOS 7Dではすでに実現)

Mモード時ISOオートが設定できないのはαデジ1シリーズで相変わらず。
動画撮影時等でシャッター速度,絞りを固定したまま撮影した時もあり、これはぜひとも改善してほしい。これも、7Dでは実現できています。

α77売りの一つに、先幕電子シャッター機能がありこれを使うとシャッタータイムラグを最小にするという機能があるが、やはりシャッタータイムラグはほとんどない感じで、1Dシリーズと比べても同等か短いという感じ。

α55の一番の問題点として、ストロボを使ったときシャッタータータイムラグが0.5秒近くにもなり、ストロボを使ったスポーツ撮影には使えないということがあったが、これも改善されているようだ。

秒12コマ連射もα77の売り。
秒12コマは小気味よいが、画素数が増えてファイルサイズが大きくなった割にはバッファーが増えていないようで、すぐに連射が止まってしまう。
手持ちのメディアの中では高速のPQIのクラス10 150倍速 16GB SD,San Extream III 4G SD,San UltraII 30MB/s Memory Stic PRO Duoも使ってみたが、同じような結果。
これらの中では、San UltraII 30MB/s Memory Stic PRO Duoが一番書き込みが速いようではあり、一番連射が効いた。
更に高速な書き込みが期待できるSONY MS Pro-HG Duo 16GB MS-HX16B 50MB/sを買ってきて試したところ、α55でSan UltraII 30MB/sを使った程度には連射できるようになり、まあこれでなんとか使えるレベルにはなりました。
SANDISK SDHC Card 16GB SDSDXP1-016G-X46 は更なる高速書き込みができる可能性はありますが、高いので当面購入予定はありません。
32GBのものをかってみましたが、本体側の問題かSONY MS Pro-HG Duo 16GB MS-HX16Bと大差ない感じ。
高速書き込みではまだまだCFに部があり、高速連射を謳うのなら、CFスロットも用意してほしかった。

α55では秒10コマ高速連射モードで、Continuous AFモードを選択すると、解放絞り値がF3.5以下の明るいレンズはF3.5に、F3.5より暗いレンズは解放絞りに固定されかつISO Autoに設定されてしまい、よほど明るい条件でないと、シャッター速度が1/500秒以下に設定されてしまい、被写体ブレが起きやすいという問題があった。
α77でも絞りの設定状況は同じであるが、ISO Auto時は基本的シャッター速度は1/1000秒に固定され、更にISO感度の任意設定ができるようにもなり、より高速シャッター速度に設定できるようになり、被写体ブレを防ぐことが可能になった。

AFの高速,被写体追従性もα77の売りであるが、まだ十分に検証できていません。
レンズキットの16-50mm F2.8 SSMとの組み合わせでは確かに爆速です。
しかし、Sigma50-500mm,70-200mm F2.8との組み合わせではα55と変わり映えしない感じ。
でもこれはシグマから不具合対策が出ているようなので、対策してもらうと改善するかも。
これは今後、いろんなレンズで検証してみてまた報告します。


高画素化で高感度時のノイズの心配がありましたが、ISO1600ではα55よりノイズが多い感じですが、思ったより悪くなっていないかも。
これも、時間を見てEOS 7Dやα900とも比較して検証してみたいのですが、いつになることやら。

光線状態が良い時での画質検証等まだできていませんが、時間を見て検証してみます。

APS-Cサイズの撮像素子搭載機としては2400万画素は多すぎる感じで、1200-1600万画素程度に押えて、高感度ノイズを抑え、連射枚数を増やして欲しかった。

α550には搭載されていたスマートテレコンバーター機能ですが、α55では搭載されず、α77では復活しています。
画素数が少なくてよい撮影であれば、どうしても望遠が足りない時、後からトリミングする必要がなく便利ではある。
しかし、この機能は動画では使えない。
静止画であれば後からトリミングもできますが、動画は後からトリミミングが基本的にできないため、動画でぜひとも使いたい機能である。
コンデジの動画撮影やビデオカメラではデジタルズーム機能も搭載されており、より大型の撮像素子を搭載しているα77ではデジタルズームしても画質劣化は最小限に抑えることが可能なはずなので、デジタルズームとはいわないが、動画時でもスマートテレコンバーター機能が使えるようにしてほしい。

α55では気温が高い状態で使うと、高速連射を継続したり、ビデオ撮影を行うと、オーバーヒ−トして、ボデーの温度が下がるまで撮影できないという問題があり、α77では改善されているとのことですが、まだ検証できていません。

α65でもそうでしたが、α77でも撮影した画像(映像を)を確認しようとすると、その直前に撮影したのが動画であれば、動画のサムネールが表示され、前の画像を確認しようとボタンを押すと、動画のサムネールのみ順次表示される。
静止画を確認しようとすると、撮影画像の一覧表示に戻って、静止画を選択しないといけない。
EOS 7D等では、動画,静止画の区別なく順次表示されるので、この方が便利かなと思う。
動画なら動画だけ確認したいこともあるとは思うのでα77のような動画,静止画を切り替えて表示する機能もあれば更に便利だとは思いますが。

アイカップはα55は外れやすくなくしてしまうことが多かったが、この点はα77では改善されている。

とりあえず、光線状態があまり良くない状態ですが、試写画像をアップしておきます。
10月14日に井之頭公園他で試写した画像はこちらをご覧ください。
10月14日に井之頭公園で、Sigma 50-500mm F4.5-6.3 DG OS  HSMで撮影したビデオです。
全て、WB:Auto AF:Continuosです。
 
 
 

10月15日に撮影したリスちゃんです。
静止画はこちらをご覧ください。
全て、シグマ 70-200mm F2.8 EX DG II  HS MWB:AWB AF:Continuous AFエリア:自動選択 ISO:Auto 秒12コマ高速連射モード
AF:Continuous AFエリア:自動選択のためか、ピンが外れているものもありますが、ご容赦ください。

動画で撮影したしたリスちゃんです。
撮影条件は上記と同じです。
 
 
 
 

α77では気温が高いときオーバーヒートのため長時間ビデオが撮影できないという問題回避のため、ビデオ撮影時の手振れ補正機能が、撮像素子を動かす方式から、電子式に変更されています。
電子式手振れ補正の効果を試すために、手持ちでも撮影してみました。
この程度の効果があれば、電子式手振れ補正で十分な感じです。
また電子式といっても画像に悪影響を与えることもないようです。
この日は、気温があまり高くなく、オーバーヒートによる撮影停止の状況をたしかめることはできませんでしたが、この日はオーバーヒート警告も一度も出ることはなかったです。
 
 
 

以上、まだあまり使いこんでいませんが、ファーストインプレッション,試写画像をアップしてみました。
今後、時間を見て、気が付いたこと、詳細な検証を行い次第、また報告いたします。
 
メニュー

HP TOP