2002/05/21〜06/02 フィリピン ドマゲティ 撮影記

02/05/31 リロアン PNOC

 

今朝も、上空は晴れているが、日が昇る方向の低空は雲が多い。

朝食後、ホテルの従業員さん達を撮影させてもらう。

 

 

今日で、実質 ドマゲティ滞在も最後。
明日は、マニラに移動する予定。

先日、地熱発電所に行こうとして行き着けなかったという話をホテルの従業員さん達にしたら、地熱発電所の近くから通っているという女性が案内してくれるという事になった。
また、午後は非番という女性3人も一緒に行きたいという事で、今日の午後から地熱発電所方面に出掛けることにした。
実は地熱発電所と言っても地元の人も知らないとのこと。
地熱発電所はPNOC(フィリピン ナショナル オイル カンパニー)という会社が経営していて、PNOCと言えば地元の人なら皆知っているとのことだった。
良く話を聞いていって、PNOCはどこときけばよかった。
でも、歩きながら多数の子供達に会えたので、まそれはそれで良かったのですが。

 

という訳で、今日はダイビングは午前中だけという事で、リロアンに向かう。

ダイビングはマライラナと言うポイント。

テーブルサンゴ,ハマクマノミ,オオイソバナを撮影。

 

テーブルサンゴ ハマクマノミ オオイソバナ

 

ウミウシの仲間を撮影する。
熱帯の海はは色鮮やかなウミウシがおおいですね。
ピン甘ですんません。

シマキンチャクフグは目がぎょろっとしていてなかなかかわいい。

このソフトコーラルは海のブルーに映えるピンクが美しいですね。

 

ウミウシの仲間 シマキンチャクフグ ソフトコーラル
 

イカが泳いでいるのでこれも撮影。
イカに出会うのはなかなか珍しい。

ソフトコーラルも撮影する。

 

イカの仲間 イカの仲間 ソフトコーラル
 

ニシキヤッコ,ソフトコーラルを撮影。
このソフトコーラルは上から下に伸びているのが面白い。

 

ニシキヤッコ ソフトコーラル ソフトコーラル
 

テーブルサンゴに群れる小魚を撮影。

ハリセンボンは外敵に襲われると、水を飲んでぷくっと膨れて、身体にある針を立てて身を守る。
これはガイドさんが捕まえて、膨らましてくれたもの。

フィリピンのこの辺りの海ではこの種類のヒトデが主流です。

 

テーブルサンゴと小魚 ハリセンボン ヒトデ
名前は調査中
 

というわけで、今回のツアーのダイビングはこれで終わりです。

ダイビング後、島に上陸して、昼食後、島の子供達を撮影する。

皆陽気で、頼まなくてもサンゴを口にくわえてポーズを取ってくれたりする。

ブーゲンビリアは熱帯を代表する花。

 

ブーゲンビリア
 

下左の子供はカメラ慣れしていないのか緊張気味ですね。

皆、笑顔が素敵で、可愛いです。

 

 

カメラを向けると、皆にこやかに、思い思いのポーズをとってくれる。

 

 

今日は、午後からPNOCへ行く予定なので、撮影は早めに切り上げて、ホテルへ戻る。

リロアンの海,子供達,人々に感謝感激です。
元気でね。
また来るからね。

 

ホテルに戻ると俄に雲行きが怪しくなり、凄いスコールが降ってきた。
この時期は比較的天候が安定しているので、スコールは珍しい。
5月ももう末なので、季節も雨季に向かおうとしているのかも。
スコールは1時間ほどで上がる。
じゃ出掛けようとすると、ホテル従業員さん達が集まってなにやら深刻そうに話し込んでいる。
事情を聞くと、従業員さんの一人の元ボーイフレンドが復縁を迫って、暴力を振るったとのこと。
話し合いも終わって、出掛けようとするがもう時間が遅いということ。
当初は、乗り合いのジプニーで安く出掛けるつもりだったが、乗り合いのジプニーでは到着が遅くなり、帰りの乗り合いジプニーはもう無くなってしまうとのこと。
一緒に行く予定の女性がレンタカー屋を知っているというので、ドライバーさん毎ジプニーを貸し切っていくことにする。
街中までは、乗り合いトライシクルで行く。
街中で、車を借りて、さ 出発,出発。

レンタカー代はドライバーさん込みで、半日 4000円くらいだたかなー。
日本の相場からみれば安いが、車がボロだし現地の相場からしたら高めだったのかなー。

30分ほど走るとすっかり山中になる。

小さな滝を撮影。
ここは貴重な水源にもなっているらしい。

小さな噴煙も見える。
仄かに硫黄の匂いもするが、それ程強くはない。

 

小さな滝

 

噴気のせいか、荒涼たる景色も目に付く。

こちらも大雨が降ったようで、川も濁って言る。

これが地熱発電所。
このような施設はこの辺りにいくつもあるそうだ。
これはまだ小さな施設とのこと。

 

地熱発電所

 

エンジェルストランペットが植えられている。

鳥に餌をあげている、おばさんを撮影させてもらう。

子供達も撮影させてもらう。

 

今回一緒に出掛けた女性達。
下左の写真の後ろ向かって左側の女性がこの辺りに住んでいるという案内してくれたかた。
この人は旦那さんと子供とこの辺りに住んで、毎日ホテルに通っているとのこと。
後、三人は住み込みでホテルで働きながら、大学に通っている。

川はやはり濁っている。

 

岩肌だから流れて来る水は清流。

もっと奧には勢いよく噴煙があがっているが、今日は道がぬかるんでいるので行くのは無理とのことで、諦める。

で、案内人の方の親戚のおうちにおうかがいする。

ここでも子供達を撮影させてもらう。

 

 

このこは、えくぼがチャーミングですね。

カメラをみるのも初めてなのか、緊張気味の子供もいます。

 

 

というわけで、帰路につく。

道すがら、子供達も撮影させてもらう。

 

大きな豚をみつけて撮影。

ドマゲティの町はずれで休憩。

牛車で草を運ぶ少年をみつけて撮影する。

牛車といっても車輪はなくソリなので、牛も大変ですね。

 

猿が飼われているので撮影する。

レンズを向けると興味深げに覗き込んできた。

そろそろ、夕暮れ、いよいよホテルに向かう。

途中で、小さなお祭りをやっていたので、ちょっと撮影。

 

 

夕食後、ホテルの従業員さん達を撮影させてもらう。

 

 

ダイビング機材は、また来るということで、いつものようにダイブショップに預ける。

部屋に戻り、荷物をパッキング。

と言う訳で明日はマニラに向かいます。

マニラではどんな出会いが待っていることでしょう。

ではでは、お休みなさい。

 

02/06/01 ドマゲティからマニラへ
02/05/30 アポアイランド
02/05/21〜06/02 DGTメニューへ
海外旅行メニューへ
HP トップ