2002/05/21〜06/02 フィリピン ドマゲティ 撮影記

02/05/28 アポアイランド

 

今朝こそ、ドラマチックな夜明けになるかなと思っていたが、いまいちやなー。
どうも雲の位置が悪い。

 

 

斜光が美しい。

 

 

今日は、アポアイランドでダイビング。

ジプニーでまずマラタパイまで行く。
ダイビング機材を船に積み込んでいる間に、村の子供達を撮影する。
写真を撮ってもらって子供達は、大はしゃぎ。
アウトリガーから海に飛び込むパフォーマンスを見せてくれる。
1Dはカメラバッグに入れて、船に乗っている間に濡れないように、バッグ毎ビニール袋に入れてあるので取り出すのが面倒。
それで、小型のDiMAGE 7iで撮影するが、AFは遅いし、連写も遅いしで決定的瞬間はなかなか撮れない。

子供達がこんな事をしたら、日本なら親から大目玉をくらうことだろうが、大目玉をくらうことも無いようだ。

 

 

ファーストダイビングはココナッツ。

サンゴと魚の群、フエヤッコダイ他の魚の群を撮影。

ソメワケヤッコも撮影する。

 

サンゴと魚の群 フエヤッコダイ他 ソメワケヤッコ
 

ミゾレチョウチョウウオ,ツノダシ,ハナダイの群も撮影する。

 

ミゾレチョウチョウウオ ツノダシ ハナダイの群
 

ソメワケヤッコをまた撮影。

カンムリブダイの子供(多分)を撮影する。
カンムリブダイは大人になると1.2m近くになる大型のブダイ。

エダサンゴとハナダイノ群も撮影する。

 

ソメワケヤッコ カンムリブダイの子供(多分) エダサンゴとハナダイの群
 

魚が群れているので撮影する。
何種類か混ざっていると思うが、名前は調査中。

ゴマモンガラは歯が強力で、貝などをかみ砕いて食べる。
卵は孵化するまで親が守るが、この時期はダイバーにも突進してきて、この強力な歯で襲うこともあるので要注意だ。
今回は卵を守っていないようで襲ってはこなかったが、依然 攻撃されて大変だった。

手前上はサザナミフグ。
後方下の魚は私の持っているポケット図鑑には出ていなかったので、調査中。

 

魚の群 ゴマモンガラ サザナミフグと?
 

ハギの仲間,ツノダシも撮影。

ヘコアユはいつもは頭を下にして垂直の姿勢で泳いでいる。
近づくとすーっと横になって逃げて、また垂直の姿勢をとる。

 

ハギの仲間 ツノダシ ヘコアユ
 

ダイビングを終えて、昼食後、また島の子供達と大撮影大会。

 

 

島には小さな池もある。
水面を覆おう茶色のものは、藻のようだ。

 

 

今日はホテルの従業員の方が朝から夕方までは非番で、アポアイランドには行ったことが無いというので、ご招待。

 

 

下の写真の左と中央の親子は、この村の反対にある村から来ている。
こちら側の村に来るためには船でぐるり島を半周するか、陸路だと2つの山を越えなければいけない。

 

 

セカンド ダイビングはマムサポイント。

バラフエダイ(多分)を撮影する。
バラフエダイ(多分)は結構鋭い刃をしてますね。

サザナミヤッコも撮影する。

 

バラフエダイ(多分)

バラフエダイ(多分)

サザナミヤッコ

 

ムスジコショウダイも撮影する。

ギンガメアジの群にも遭遇するが、大群という程でもない。

アカマツカサも撮影する。

 

ムスジコショウダイ ギンガメアジの群 アカマツカサ

 

ケヤリムシは筒のようなものから毛槍のように毛のようなものを出している。
この毛状のものは鰓冠(さいかん)とよびエラとのこと。
ゴカイの仲間で、これもりっぱな動物。
近づくと、毛状のものを筒の中に引っ込めてしまうので、撮影はなかなか難しい。

チョウチョウウオの仲間

スズメダイの仲間

ケヤリムシ

スズメダイの仲間
 

ホテルの女性従業員の方が夕方から仕事と言うことで、今日は早めにホテルへ戻る。

で、早速カメラを下げて、お散歩に出掛ける。

透過光で葉を撮ったり、太陽を入れて蔓植物を撮ってみるが、いまいちやな。

椰子の木の下には牛がのどかに草をはんでいる。

 

 

今日は時間があるので少し遠出。
この辺りは、早くダイビングから戻った時じゃないと行かないので、子供達とは余り顔見知りではない。
でも、撮った写真を液晶で見せると、わーーという感じですぐに友達になれる。

 

 

下、左の写真の山の麓が昨日行ったバレンシアの町があるところ。
山は火山だ。

中央の写真はは、農業試験場。

 

下の写真の花はプルメリア。
とっても良い香りがする。
黄色の他に、ピンクや白の花もある。

夕方になるので、ホテル近くの海岸べりの子供達の所へ行く。
綺麗な夕焼けを期待したが、残念ながら今日も綺麗な夕焼けにはならなかった。

 

 

夕方暗くなったので、ホテルに戻る。

夕食後、月明かりが綺麗なので撮影する。

最後に、ホテルの従業員さんを撮影させてもらって、部屋に戻る。

明日もまた、アポアイランドへ行く予定。
ではでは、お休みなさい。

続く

02/05/29 アポアイランド
02/05/27 バレンシア 後編
02/05/21〜06/02 DGTメニューへ
海外旅行メニューへ
HP トップ