さいたま市民の森のシマリスたち 2011年11月22日撮影
今朝は流石に少し冷えて、朝方室温も10度割り込んでました。
でも、昼前には風も止んでそれほど寒くはなかったです。
午後からはリスちゃんに遊んでもらいに行ってきました。
午後はそれほど寒くはなかったので、リスちゃんの出はまあまあだったかも。

今日は、α77にミノルタ 200mm F2.8Gを使い撮影しました。
この組み合わせは確かに、AFは早いのですが、やはり7Dにシグマ120-300mm F2.8 EX DG HSSやEF70-200mm F2.8L IS USMを組み合わせたものにはかないませんね。
折角の秒12コマ連射を生かすためにも、レンズを含めてAFをより早くして欲しいですね。
また、コンティニュアスAFじのAFの食いつきも少なくとも7D並みにして欲しいですね。
α77はミラーアップ動作ががないので、連射時も常時AFが可能なわけで、この点有利なはずですが。
先日も書きましたが、連続連射可能枚数も今の倍以上に増やしてほしいです。

というわけで、今日のリスちゃんです。

何故か落としちゃいました。
 

ミノルタのレンズはボケにこだわって、円形絞りを採用したレンズが多いのですが、200mm F2.8GはG(ミノルタでは非球面レンズやED等高級硝材,今はどちらも廉価版レンズにも当たり前に使われていますが,を採用したレンズをGレンズと称して差別化してました。CanonでいうところのLレンズですね)レンズなのに、300mm F2.8Gと並んでリニューアルされず、円形絞りが採用されていません。
そのため、f3.5に絞っても角ボケが目立っちゃいます。
というか、9枚羽絞りなので、むしろもう少し絞った方が、角ボケがめだたないかもです。
 

鳴いています。
ビデオでどうぞ。



メニュー

HP TOP