さいたま市民の森のシマリスたち 2011年5月28日撮影
チビリス三兄弟も表に出てきたよ
今日はお仕事での撮影が入っていたのですが、雨で早々延期。
雨は小降りなので、リスちゃんたちのご機縁伺いに出かけてみました。
閉園間際に一時本格降りになりましたが、概ねは小降り状態。
チビリス三兄弟も表に出てきて、雨にもかかわらず、リスちゃんたちで賑やかでした。

チビリス三兄弟の内の2匹です。
写真では2匹しか写っていませんが、少し離れたところにもう1匹いました。

向かって、右側がママです。
雨が少し強くなってきたので、ママは子リスを巣に戻そうとやってきました。
この後、ママは何度か子リスを巣に誘導しようとしたりしましたが、子リスたちは全くいうことを来ません。

親の気持ち子知らずで、子供たちは勝手に遊んだり、食べたり、休んだりしています。
ママは一旦あきらめてどこかへいってしまいまいsた。

ねえねえ、おうちに帰ろうよ。
また、巣に戻そうとママがやってきました。

言うことを聞かないので、首根っこをくわえて運ぼうとしていますが、もう子リスは結構大きくなっているので、うまくくわえられません。
まだ、完全には乳離れしない状態で巣から出てきた子はママにべったりでいうこともよくききますが、完全乳離れしてからは
おーい、こっちだよ。
木の上から、子リスを誘導しています。
 

でも、子供たちは無視です。
 

ねえ、おうちへ帰ろうよ
また、ママがやってきましたが。

今度は別な子にもおうちに帰ろうよと言っています。

この子はママの先導でお家にもどって行きました。

でも、他の子たちは一向に家に戻る気配はありません。
ママは諦めてどこかへいっちやいました。
子リスたちはもう一人でえさもたべれるし、家に戻りたくなれば自力で家にもどれます。
まだこれくらいの大きさの時は、時折オスに恋の相手と勘違いされることがあっても、いじめらたりはしないので安心なんですが、ママはチビたちが心配心配でどうしようもないようです。

ということで、今日のチビたちです。
アップで撮ると、大人のリスと区別がつかないくらいに大きくなっている子もいます。
少し、大きくなると、大人のリスに出会うと追い払われてしまうことも、多くなります。

この子たちは兄弟のようです。

少しおおきくなっていますが、この子も多分今年生まれたチビですね。

大人のリスちゃんたちも元気でした。

この子はママですね。


メニュー

HP TOP