狸おじさんのシマリス写真展
いっしょにあそぼうよ

撮影制作:狸のデジタル写真館
http://fyama.2.pro.tok2.com/

NO

サムネイル

タイトル

解説

うへー こんにちは

僕たちの写真展へようこそ。
さいごまでゆっくり、かわいい、元気な 僕たちの姿を見て行ってね。

おおいぬふぐりの根元に埋めたえさを 掘り出して食べています。リスちゃんうれしそうですね。

2

うわー あしをすべらしちゃったい

さすがのリスちゃんも細い梅の木の枝で足を滑らせてしまったようです。 でも、落ちることはありませんでした。 たまに、木から落ちることもありますが、 身軽なリスちゃんは落ちてしまってもけがをすることはありません。

3

だんごよりはな

と言っても、食いしん坊には変わりがないですね。
花を食べるというより、花の付け根にある蜜がお目当てのようです。
蜜をなめ終わると、花は捨ててしまいます。
蕾を食べることもあります。

4

ぐみのはなもたべちゃうよ

グミの場合は花というよりつぼみの方が好きな ようです。

5

サツキのはなもたべちゃうよ

サツキの場合も根元の蜜がお目当てのようです。

6

タンポポもたべちゃうよ

タンポポの花も食べますが、つぼみや 綿帽子の根元にある種の方が好きなようです。

7

ヘビイチゴもすきだよ

ヘビイチゴの実は甘くないはずですが、なぜかリスちゃんは食べますね。
でも、大好物というほどでもないようです。

8

クローバーもたべられるかなー

クローバーの葉は食べますが、花はほとんど食べないないですね。
クローバーの小さな実(砂粒ほどの大きさ)は 好きです。

9

もうちょっとでとどくんだけど

リスちゃんは餌を地面に埋めて隠しておく習性があります。

しかし、餌を埋めた場所を忘れてしまうことが多いです。

この麦は、リスちゃんが埋めた種から発芽成長したものです

10

ヤマブキのはなもたべちゃうよ

ヤマブキの花も食べますが、好んでということはないようです。
リスちゃんにも好き嫌いがあるのかも。

11

あーあ たすかったー

ゴールデンウィークも終盤になり子リスが巣から出て来ました。
子リスはまだ足もとがおぼつかないようで、クルンクルン状態。
落ちそうになって、下の枝をつかんで、無事でした。
でも、この後もクルンクルン状態。
やっと、巣に戻っていきました。

12

ママたすけて

この子はまだ目が開いていません。
本来はまだ巣から出てきてはいけないのですが、何かの理由で表に出てきてしまったようです。
下に落ちないように、必死できにしがみついていました。
リス園のお兄さんに連絡して、巣に戻してもらいました。

13

しっぽのさきまできれいにしちゃうよ

この子は巣穴から出てき来て少し経っています。
もう一人で暮らしています。
リスは毛繕いを良くします。
その時は、尻尾の先まできれいにします。
子リスは毛並みがきれいで、むくむくでかわいいです。

14

いっしょにあそぼうよ

ママと子供たちです。
子育て時期以外は、リスは一人で暮らしています。
リスはママだけで子供を育てます。
巣から出て来て、何日間かはママと兄弟で一緒に暮しますが、そのうちに自分の巣穴も掘って一人で暮すようになります。
シマリスは、1年で大人になり、もう次の年には子供も産めるようになります。

15

じゃれあい

子供を心配してママがやって来ました。
いじめたり、しかったりしているのではなくお互いじゃれあっているところです。
この時期はまだ巣穴から出てきたばかりで、兄弟、親子仲良しですが、独り立ちすると2匹のリスが出会うと、ケンカになってしまいます。

16

ママとキッチュー

子供も大きくなってきたので区別が付きにくいですが、向かって左側がママです。
子供は顔が細めで、毛並みがきれいで、相対的に尻尾も長いです。
お互い親子かにおいで確かめ合っているところです。

17

のどがかわいたなー

リスは水も良く飲みます。
この池では、ガマガエルが毎年卵を産んで、ガマガエルも繁殖していました。
しかし、この池は何年か前に埋められてしまい、今はありません。
それに伴い、ガマガエルもいなくなってしまい ました。

18

よくねたわー

リスちゃんは昼寝をした後、伸びをして大あくびをすることが多いです。
本当にすごい、大あくびーですね。

19

うへー つかれたわよ

大あくびをしたあとです。
愛嬌がある、とぼけた顔をしていますね。

20

あーあ、まだねむたいよー

昼寝から目覚めましたが、まだまだ寝足りない ようです。

21

スグリのみもだいすきだよ

まだじゅくさないみどりのうちから食べてしまいます。
このリスちゃんも食いしん坊ですね。
お口にいっぱい頬張っています。

22

ユスラウメのみもだいすきだよ

ユスラウメは花も食べますが、実も大好きです。

23

このみもだいすきだよ

食べているのはグミの実のような気もしますが、はっきりしません。
グミの実も大好物ですね。

24

クワのみもだいすきだよ

桑の実も大好物です。
まだ緑で、熟さないうちからもどんどん食べてしまいます。

25

このはっぱもおいしそうだなー

このあと見事に葉っぱをキャッチして、食べました。
実はこの葉、クモの糸でぶら下がっています。

26

アジサイのはなもたべられるかな

この子は巣穴から出てきて1ヶ月ちょっと経っています。
アジサイの花を食べる子もいますが、好んで食べるということはないようです。
この子も結局はたべませんでした。

27

ビョウヤナギのはなもたべちゃうよ

ビョウヤナギは花よりも蕾の方が好物のようです。

28

あめがふってきそうだなー

と言っても傘をさしているわけではないです。
食いしん坊リスちゃんはこの葉や茎も食べようとしています。

29

はやく、あめやまないかなー

2003年は記録的な冷夏で、8月中旬でも冷たい雨がふりました。

 

30

これもたべちゃおう

クモの糸に引っ掛かったガガンボ(大きな蚊のような虫)を食べようとしています。
シマリスは意外と雑食で、蛾の幼虫や死んだトンボやチョウも食べてしまいます。
また、蟻を手ですくって食べてしまうこともあります。

31

えんやこら、ほいさっさ

綱引きをして遊んでいるわけではありません。
葉っぱより根元の茎の方が好きなので、引っ張っています。

32

フヨウのつぼみもたべちゃうよ

芙蓉の花も食べる子はいますが、根元をかじる程度で、花よりも蕾を好んで食べるようです。

33

あつくてやってらんねえよ

2007年の夏は記録的な猛暑。
リスちゃん達が住んでいるさいたま市でも40度近い気温を観測しました。
リスちゃん達は木陰でグデーとしている子が多かったです。

34

のびのび

伸びをしています。

苔で、お腹をすりすりするのも好きなようです。

35

それーいくわよー

リスちゃんは名ジャンパーです。

36

ホップ

 

37

ステップ

 

38

ジャンプー

 

39

それーいそげー

餌の時間になったので、餌台に猛ダッシュです。

40

それー ジャンプー

早く走る時はジャンプするように走ります。
尻尾はバランスをとるのに役立ちます。

41

にげろー まてー

2匹が鉢合わせになると追いかけごっこが始まることが多いです。
でも、追いかけごっこをして遊んでいるわけではないです。
そばに来た仲間を追い払っています。

42

かわゆくとってね

このリスちゃんはモデル気どりですね。

43

しんきょさくせいちゅうだよ

地面を掘って巣穴を作成中です。
地面を1m以上掘って巣穴を作ります。

44

ふーさむいよう

氷雨に凍えています。
巣穴でじっとしていれば良いのに、このリスちゃん、お腹が空いたのか、泥まみれになって餌を掘り出した後、凍えています。

45

すあなからこんにちは

巣穴から出る時は警戒してあたりをうかがってから、表に出ます。

46

どんぐりもだいすきだよ

歯で殻をむいて、うす皮もきれいにはがします。
その場で食べることもありますが、頬袋にため込んで、地面に埋めたり、巣穴に貯め込むことの方が多いようです。

47

カマキリもたべちゃうよ

カマキリも捕まえて食べてしまいます。

48

かゆいよー

からだがかゆいのか、よく体を掻きます。

49

そのレンズきょうみあるなー

このリスちゃんは好奇心旺盛で魚眼レンズで近づいたら、レンズをのぞきこんできました。

50

おちばをあつめてあつめて

実は落ち葉を集めているのではなく、頬袋に詰めた餌を地面に埋めた後、きれいに落ち葉も載せてわからないように隠しているところです。

51

こんなこともできちゃうよ

後ろ脚だけでぶら下がって、伸びをしています。

凄く、アクロバチックな技ですね。

52

じかんがとまった

2匹が出会うと喧嘩や、追いかけごっこになることが多いですが、何事もおきないこともあります。
向かって左側の子は全く無視という感じですが、右側の子は緊張気味ですね。
2匹ともこのまましばらく、固まっていました。

53

じゃんけん ぱー

リスちゃんはパーしか出せません。
と言っても、じゃんけんをしているのではなく伸びをした後ですね。

54

ねえねえ ぼくとつきあわない

求愛中のリスちゃんです。
でも、カップル成立とはならなかったです。

55

なかよくしようよ

このリスちゃんは後ろから抱きついて強引に求愛しています。
このリスちゃん達もカップル成立とはならなかったです。
リスちゃん
の世界でも、強引な人は嫌われるのかも。 お互い匂いを嗅ぎあって、すんなり気が合うとカップル成立です。
その後は、岩陰等に2匹で入って行って、なかなか出てこない時が多いです。

56

がるるー

このリスちゃん達は本気で喧嘩しています。
あまりの激しさで、怪我をしてしまうこともあります。

57

ふかふかのおふとんでねるわよー

リスちゃんは枯葉を集めて、巣穴に運んでふかふかのお布団にします。

58

おちばをあつめてるよ

プックリホッぺがかわいいですよね。

59

あげないわよー

地面に埋めた餌をほじくりだしてお食事中にカメラを向けられて、少し怒ってます。

60

アカンベー

勿論、アカンベーをしているわけではありません。
 舌で、手を濡らして、毛並みのお手入れ中です。

61

きもちんよかー

光の春。
北風も収まって、気持ちよさそうにうたた寝をしています。

62

ゆきのひもげんきです

2006年の冬は久々雪が結構積もりました。
雪の後は表に出てくる子は少ないのですが、元気に表に出てくる子もいます。

長いことお付き合いいただきありがとうございました。
僕たちに会いにリス園にも是非来てね。

販売しますへ戻る

写真展の終了の報告へ戻る